sato musik werkstatt
佐藤音楽工房
 
 

福山に生まれる。武蔵野音楽大学を経て、オーストリア国立グラーツ音楽大学オーバーシュッツェン校

にて学ぶ。吉成行蔵、北島章、脇岡総一、ゲルハルト・トゥレチェックの各氏に師事。のち、パリにて

ミシェル・べネ氏に師事。1989年〜1995年ウィーン・レジデンツ・オーケ ストラの首席オーボエ奏者を

努め、またソリストとして同オーケストラとモーツァルト、マルチェルロなど数多くのオーボエ協奏曲

を共演。1992年ルーマニア・ブラショフ音楽祭より招待を受けソロリサイタルを行う。1993年パシフィ

ック・ミュージック・フェスティバル(PMF)に参加。1997年福山リーデンローズにてテレマン室内管

弦楽団とモーツァルトのオーボエ協奏曲を共演。2000年ウィンナー・ワルツ・オーケストラのメンバー

として日本公演に出演。フルーティストのアルノー・シュタインヴィーダー氏とオーストリアにてバッ

ハの二重協奏曲を共演。2002年現代音楽を中心にウィーンを本拠地として演奏活動を行っているオーケ

ストラ、アンサンブル・ディー・ライエに出演。2003年に帰国し、現在は室内楽・オーケストラを中心

にバロックから現代曲まで多彩なレパートリーを持つオーボエ奏者として活躍している。

オーボエ 佐藤 亮一

Oboe  Ryoichi SATO